2016年04月04日 15時00分 UPDATE
特集/連載

さらなるスマートデバイス小型化へ向けてIoTを新しいステップに導く超薄型素材「グラフェン」の可能性

2004年に発見された超薄型素材「グラフェン」。この素材がITや「IoT」(モノのインターネット)を次の段階に導く可能性がある。

[Mary K. Pratt,TechTarget]
tn_tt_Graphene.jpg サリー大学の科学者は自然からアイデアを得て、驚くほど光を吸収する超薄型グラフェンシートを発明した 《クリックで拡大》

 研究者は2004年に格子構造を持つ超薄型素材「グラフェン」が発見した。それからグラフェンは素晴らしい可能性を秘めた素材として名前が広まった。それ以来、世界中の研究者がグラフェンの理論上の可能性を実現しようとしてきた。この動きはコンピューティングやIT、「IoT」(モノのインターネット)を始めとする膨大な領域に次なる巨大な革命的進化をもたらすものだった。

 このグラフェンの能力を生かそうとする競争において最前線を走っているのが、サリー大学だ。同大学の科学者は、今までの中で最高の光吸収素材を作り出すために、特殊なグラフェンシートを開発した。本稿では、同大学のAdvanced Technology Instituteでセンター長を務めるラビ・シルバ教授がこのブレークスルーについての洞察を語る。

――この研究はどのように始まったのですか。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...