2016年09月16日 10時00分 公開
特集/連載

Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由特選プレミアムコンテンツガイド

クラウド市場では「Amazon Web Service」(AWS)が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。

[TechTarget]
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由

 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。

 Googleはパブリッククラウド市場へのコミットメントを強め、多数の新機能を追加している。これには競合他社と肩を並べ、一部の面で優位に立とうという狙いがある。

 同社はパブリッククラウド市場への参戦は遅れたものの、2つの方法で後れを取り戻そうとしている。1つは、セキュリティ、アクセス管理、キーの暗号化ツール。もう1つは、コンテナオーケストレーションや機械学習などの分野だ。

 このコンテンツでは、DisneyやAppleといった大手企業が、AWSでもAzureでもなく、Googleのクラウドを選んだ理由を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...