2016年05月24日 15時00分 公開
特集/連載

やはり強いクラウド“ビッグスリー”、次のサービス停止はどこ?Verizon、HPEなどが撤退

クラウドサービスの“ビッグスリー”との競争に太刀打ちできず、サービス停止に追い込まれるクラウドサービスが出てきた。次はどこが振り落とされるのかと、多くの人が懸念している。

[Alan R. Earls,TechTarget]
パブリッククラウドサービス撤退を告げるブログ《クリックで拡大》

 IaaS(Infrastructure as a Service)は、パブリッククラウドの重要な部分であり、この市場セグメントは成長を続けているが、一部のベンダーは競争についていけなくなってきた。また、最近はVerizonとHewlett Packard Enterprise(HPE)が、IaaSサービスから撤退し、市場競争の激化が浮き彫りになった。

 IaaS市場の成長は、企業がオンプレミスデータセンターからパブリッククラウドへの移行を進めていることが背景にあり、IaaS導入の勢いは止まりそうもない。調査会社Gartnerによると、世界のパブリッククラウドサービス市場は、2016年に2040億ドル規模に達し、このうちIaaS市場は従来同様に、最も急成長するセグメントの見通しという。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...