2016年05月24日 15時00分 公開
特集/連載

Verizon、HPEなどが撤退やはり強いクラウド“ビッグスリー”、次のサービス停止はどこ?

クラウドサービスの“ビッグスリー”との競争に太刀打ちできず、サービス停止に追い込まれるクラウドサービスが出てきた。次はどこが振り落とされるのかと、多くの人が懸念している。

[Alan R. Earls,TechTarget]
パブリッククラウドサービス撤退を告げるブログ《クリックで拡大》

 IaaS(Infrastructure as a Service)は、パブリッククラウドの重要な部分であり、この市場セグメントは成長を続けているが、一部のベンダーは競争についていけなくなってきた。また、最近はVerizonとHewlett Packard Enterprise(HPE)が、IaaSサービスから撤退し、市場競争の激化が浮き彫りになった。

 IaaS市場の成長は、企業がオンプレミスデータセンターからパブリッククラウドへの移行を進めていることが背景にあり、IaaS導入の勢いは止まりそうもない。調査会社Gartnerによると、世界のパブリッククラウドサービス市場は、2016年に2040億ドル規模に達し、このうちIaaS市場は従来同様に、最も急成長するセグメントの見通しという。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。