2016年09月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

HadoopベースのRDBMSRDBMSの新しい選択肢「Splice Machine」とは何か?

HadoopとSparkを利用したRDBMS「Splice Machine」のバージョン2.0がリリースされた。Splice Machineとはどのようなデータベースなのか。2.0の動向と併せて紹介する。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Splice Machineの「Splice Machine」は、「Apache Hadoop」と「Apache Spark」を利用するオープンソースRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)だ。Hadoopのクラスタ中心の分散データストレージと分散処理能力、Sparkのストリーミング、機械学習、グラフ処理用の組み込みモジュールによるビッグデータ処理用高速エンジンにより、Splice Machineは(間違いなく)優れた能力を誇っている。

Computer Weekly日本語版 9月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 最近同社は、開発者向けにクラウド(AWS:Amazon Web Services)ベースのサンドボックスを発表した。このサンドボックスで、オープンソースの「Splice Machine 2.0 Community Edition」をテストできる。また、開発者コミュニティーサイトも公開された。

5つの「実際」のDevOps機能の詳細

 Splice Machineには、無償のCommunity Editionとライセンスが必要なEnterprise Editionがある。Enterprise Editionのライセンスには、年中無休のサポートと、以下のDevOps機能が含まれている。

  • バックアップとリストア
  • LDAPサポート
  • Kerberosサポート
  • 暗号化
  • 列レベルのアクセス特権

注:LDAPとKerberosは技術的なもので、それ自体はDevOps機能ではないとする見方もある。

 Splice Machineの共同設立者兼CEOのモンテ・ズエーベン氏は次のように話す。「当社がSplice Machineを公開し、コミュニティーを発展させていることは非常に喜ばしい。Community Editionは完全な機能を備えたRDBMSなので、Splice Machineの機能を余すところなく評価できる。Enterprise Editionには、Splice Machineを年中無休で安全に運用するのに必要なDevOps機能を追加している」

 Splice Machineのコミュニティーサイトは、チュートリアル、ビデオ、開発者フォーラム、GitHubリポジトリ、Stack Overflowタグ、Slackチャンネルを利用できる。

スケールアウトテクノロジーが実際に意味すること

 同社がこの製品で提示しているのは、IT業界でよく耳にする幾つかの専門用語の構造を表すテクノロジーだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...