2016年08月26日 08時00分 公開
特集/連載

Azureがベストになる条件とは?それでもAWSではなくMicrosoft Azureを使うべき理由

AzureはAWSに大きく水をあけられていて、その差が縮む気配はない。あえて業界1位のAWSではなくAzureを選ぶ理由とは何か。Azureならではの優位点を検証する。

[Tim Anderson,Computer Weekly]

 「Windows」から「Office」、さらには「SQL Server」などのサーバアプリケーションにまで及ぶMicrosoftの全製品の中で、現在特に注目されているのは「Microsoft Azure」(以下、Azure)と「Office 365」だ。

Computer Weekly日本語版 8月24日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月24日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 開発者に対しては、モバイルアプリをサポートするバックエンドサービスとしてAzureを使ってもらおうと働きかけている。

 クラウドへの移行は、開発者にとって大きな意味がある。ただし、それは必ずしもMicrosoftのクラウドに限らない。競合している「Amazon Web Services」(AWS)や「Google Apps」「Google Cloud Platform」の場合もある。

 Azureを使うことで得られる新たなチャンスとは何だろうか。他のクラウドプラットフォームとどこが違うのか。また、クラウドの選択を誤るとどんなリスクに直面するのか。

開発者の視点

 Azureの直接的なアピールポイントは、Microsoftのプラットフォーム(Office 365、オンプレミス、またはその両者の併用)でシステムを運用するなら最強だという点だ。また開発者の観点では、同社のツールやフレームワーク、特に「Visual Studio」「.NET Framework」、SQL Serverなどとの親和性の高さが挙げられる。

 Visual Studioは今や、Azureとシームレスに統合されている。Azureアカウントでサインインして、「クラウド エクスプローラー」でリソースを参照し、Azureアプリケーションを構築するテンプレートを使えばいい。また、IDE(統合開発環境)経由でアプリケーションを展開することもできる。

 では一体、Azureとは何か。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...