2016年08月26日 08時00分 公開
特集/連載

それでもAWSではなくMicrosoft Azureを使うべき理由Azureがベストになる条件とは?

AzureはAWSに大きく水をあけられていて、その差が縮む気配はない。あえて業界1位のAWSではなくAzureを選ぶ理由とは何か。Azureならではの優位点を検証する。

[Tim Anderson,Computer Weekly]

 「Windows」から「Office」、さらには「SQL Server」などのサーバアプリケーションにまで及ぶMicrosoftの全製品の中で、現在特に注目されているのは「Microsoft Azure」(以下、Azure)と「Office 365」だ。

Computer Weekly日本語版 8月24日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月24日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 開発者に対しては、モバイルアプリをサポートするバックエンドサービスとしてAzureを使ってもらおうと働きかけている。

 クラウドへの移行は、開発者にとって大きな意味がある。ただし、それは必ずしもMicrosoftのクラウドに限らない。競合している「Amazon Web Services」(AWS)や「Google Apps」「Google Cloud Platform」の場合もある。

 Azureを使うことで得られる新たなチャンスとは何だろうか。他のクラウドプラットフォームとどこが違うのか。また、クラウドの選択を誤るとどんなリスクに直面するのか。

開発者の視点

 Azureの直接的なアピールポイントは、Microsoftのプラットフォーム(Office 365、オンプレミス、またはその両者の併用)でシステムを運用するなら最強だという点だ。また開発者の観点では、同社のツールやフレームワーク、特に「Visual Studio」「.NET Framework」、SQL Serverなどとの親和性の高さが挙げられる。

 Visual Studioは今や、Azureとシームレスに統合されている。Azureアカウントでサインインして、「クラウド エクスプローラー」でリソースを参照し、Azureアプリケーションを構築するテンプレートを使えばいい。また、IDE(統合開発環境)経由でアプリケーションを展開することもできる。

 では一体、Azureとは何か。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...