2015年11月20日 12時00分 公開
特集/連載

「コネクテッドカー」の自律運転を可能にする2つのコア技術、仕事をどう変える?物流業界にも大きな変革が

「コネクテッドカー」は、Wi-Fiや自動運転技術を搭載し、インターネットを活用する自動車だ。このコア技術の中でも、特に私たちの生産性を上げ、生活を大きく変えるものは何だろうか。

[Craig Mathias,TechTarget]
Googleカー Google純正の自動運転カーのプロトタイプは、2015年夏から公道での走行テストを開始している《クリックで拡大》

 コネクテッドカー技術は、一般消費者に対してだけでなく、企業やその従業員に対しても大きな可能性を秘めている。

 今やGPSナビゲーションなしで自動車を運転することは想像するのも難しい(スマートフォンであろうと車載システムであろうと)。それらのシステムは大抵、近くのレストランや宿泊施設、ガソリンスタンドの場所、あるいは緊急時の支援など、広範な補助的機能も提供し、ほとんど1日中ドライバーを助けてくれる。有人サポートや非常ボタン、エアバッグ作動時に自動緊急通報する仕組みなどは、本当に便利であり、高水準の安全性を実現している。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...