2016年12月13日 08時00分 公開
特集/連載

オンライン売上高が感謝祭商戦で過去最高に、それでも「実店舗」がなくならない理由コンシューマーの「オムニチャネル」化が進行(1/3 ページ)

2016年ホリデーシーズンのオンライン売上高が過去最高を更新した。その背景には何があるのか。オンラインストアの今後はどうなるのか。専門家の話を基に考える。

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

Facebook | Adobe Systems | CIO | eコマース


画像 オンラインストア成長の先にあるものは

 Adobe Systemsの調査「Adobe Digital Insights」によると、ホリデーシーズンが幕を開けた2016年11月1日からの28日間、米国小売り業者のオンライン売上高は過去最高を更新し、前年比7.4%増の400億ドル近くとなった。感謝祭(11月第4木曜日)からサイバーマンデー(感謝祭休暇明けの月曜日)までの5日間には、オンライン売上高は前年比で15%増加。サイバーマンデーのオンライン売上高は34億ドルと、1日のオンライン売上高としては過去最高を記録した。だが、これはまだ序の口だ。

 オンライン売上高が記録を更新している背景には、変わり続けるコンシューマーの購買行動がある。専門家によれば、小売り業者やその最高技術責任者(CTO)らはこの先、クリスマス商戦期を迎えるたびにコンシューマー行動の変化にかく乱されることになるという。

“オムニショッパー”に変わるコンシューマー

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。