2016年10月11日 07時00分 公開
特集/連載

見つからない店員よりも人当たりのよいロボットに相談、“小売り×IoT”の最新事例店内ロボット「LoweBot」とは

Lowe'sが2年間テストしてきた店内ロボット「LoweBot」が間もなく利用可能になる。最新ITを使うことによって小売業界はどのように変わるのだろうか。

[Gary Orenstein,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | ERP | IoT(Internet of Things) | 業務効率


Lowe's Innovation LabsのLoweBotのWebページ《クリックで拡大》

 2016年8月、住宅リフォームを手掛けたり、生活家電を販売したりするLowe'sは、2014年から2年にわたってテストをしてきた新しい店内ロボットが間もなく利用可能になると発表した。Lowe'sの「LoweBot」は、顧客が商品を見つける手助けと、在庫追跡という2つの主要な領域に特化して機能を提供する。このロボットは、小売りと「モノのインターネット」(IoT)の組み合わせについて、豊富な知見をもたらす。顧客の立場を考えると、店員を見つけるのに労力をかけるより、自動化された人当たりの良いサポート役の方がはるかに快適だろう。さらに在庫追跡の面では、Lowe'sが成功すれば、LoweBotはリアルタイムのサプライチェーンを大きく前進させる可能性がある。

 小売業界は、巨大で変化が早い。小売業界の団体であるNational Retail Foundationによれば2015年の市場は3兆2千億ドル規模に達している。Gartnerによれば、2016年に世界中の小売市場で企業は、効率化のために約2000億ドルもの投資をITに対してする可能性があるという。

小売りにおける商業ロボティクス

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。