2018年11月19日 05時00分 公開
特集/連載

エキスパートが歴史から語るRPAはインテリジェントオートメーションへと向かう

1990年代に原型が生まれ、改良されてきたRPAツールは今、AIや機械学習、自然言語処理の進歩に伴い、新タイプに進化しつつある。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は大きな期待を集めており、全く新しい新興分野のように見えそうだ。今やRPAツールは、AI(人工知能)ブームの一翼を担っている。だが、RPAツールのゆっくりとした着実な進化は、数十年前までさかのぼることができる。

 RPAの一種が初めて登場してから、20年以上がたつ。今回、Serralaの技術および製品担当のシニアバイスプレジデントを務めるビシャル・アワシ氏に、RPAがどのように変わり、改良されてきたか、その一方で、基本的な自動化を実現するコア機能が、いかに変わっていないかについて話を聞いた。Serralaは、金融サービス自動化およびデータ管理ソフトウェアを手掛けるベンダーだ。

 RPAとは簡単に言えば、これまで人手で行われてきた大量の反復的作業をソフトウェアやbotを使って自動化することだ。例えば、RPAは、災害対策におけるインフラのテストに使われる場合がある。これは一般的に、IT管理者が手動で行ってきた時間のかかる作業だ。RPAを利用することで、IT担当者は浮いた時間でより生産的な仕事に取り組める。

 こうした時間や費用の節約効果が、RPAがホットなキーワードとなっている一因だ。使いやすさ(人間の働き手をシミュレートするRPA botが、システムに統合されることなく、システム上で動けば、より使いやすい)や、比較的低い初期コスト、選択肢が多いこともメリットだ。

 アワシ氏はSerralaに入社する前は、DolphinでCTO(最高技術責任者)を務めていた。アワシ氏はこのインタビューで、RPAの進化について説明している。20年にわたってこの分野に携わってきたアワシ氏の言葉は、経験に裏打ちされた知識に基づいている。

編注:このインタビューは抜粋です。

RPAはどのように進化してきたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...