2016年07月20日 15時00分 公開
特集/連載

HDFSの落とし穴を回避する商用「Hadoop」ディストリビューション3選Hortonworks、Cloudera、MapR

HDFSで一般的なデータ保護とパフォーマンスの問題を回避する代替策となる3つの商用Hadoopディストリビューションを紹介する。

[John Webster,TechTarget]
日本Hadoopユーザー会のWebサイト《クリックで拡大》

 「Apache Hadoop」とそれに関連する「Hadoop Distributed File System」(HDFS)は、ビッグデータ環境におけるストレージと分析に広く使われている。だが、HDFSには、データ保護機能の弱さ、必要なリソースや学習すべき物事の多さなど、幾つかの制限がある。

 企業がHDFSの落とし穴を回避するのに役立つ主要な商用Hadoopディストリビューションには、Hortonworksの「Hortonworks」、Clouderaの「Cloudera」、MapRの「MapR」の3つがある。Hortonworksはこの3つのディストリビューションの中で、HDFSに最も密接に実装できる。Clouderaは、Hadoopのプロジェクトカタログに追加できるプロジェクトという形で機能を強化する。MapRは早い時期から、HDFSが企業のデータセンターの実装で問題を起こす荷物を抱えていることを特定した。その結果、MapRはHDFSから手を引き、独自の対称ファイルシステムを採用している。

Hortonworks:100%オープンソースのプラットフォーム

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...