2016年08月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

先駆的5社が証明した「IIoT」の底力【後編】GPS付きで賢くなった「インテリジェントケーブル」を3Mが開発、どう役立つのか? (1/3)

先駆的に産業用IoT(IIoT)に取り組む企業は、どのようなメリットを享受しているのか。後編では3MやBoschのグループ企業などが進めるIIoTの取り組みについて紹介する。

[Steve Zurier,TechTarget]
IIoT あらゆるモノがつながる環境が製造業に変革を促す《クリックで拡大》

 前編「IoTで普通のポンプが『スマートポンプ』に変身? 重電大手Schneiderが挑戦」では、IIoT(産業用モノのインターネット)に取り組む先駆的な5社のうち、重電製造の世界的大手であるSchneider Electricと、GE子会社のCurrentの事例を紹介した。後編では、残る3社の事例を紹介する。

Honeywell Process Solutions

 大手制御機器製造Honeywell InternationalのビジネスユニットHoneywell Process Solutionsで新デジタルトランスフォーメーション事業部のバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるアンドリュー・ハード氏は、次の重大な疑問を投げ掛ける。「なぜ製造業は、88%の効率でプラントを稼働させるのか」

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...