2015年06月22日 08時00分 公開
特集/連載

Android、iPhoneのモバイル決済対応がショッピングをこう変えるGoogleが「Android Pay」発表

2015年5月末に開催された開発者向け年次カンファレンス「Google I/O」で発表されたモバイル決済プラットフォーム「Android Pay」。Android Payの登場で、小売店の現場はどう変わる?

[Francesca Sales,TechTarget]

関連キーワード

Google | Android | CIO | Apple | セキュリティ


米Googleによる「Android Pay」のWebサイト《クリックで拡大》

 スマートフォンで決済を行う消費者の数は増える一方だ。米Googleは、そのような消費者のニーズに対応する用意があることを2015年5月末に明らかにした。その過程で天敵である米Appleの「Apple Pay」と対決することになる。小売業者に限らず、企業の最高情報責任者(CIO)はGoogleの「Android Pay」に注目すべきだとIT専門家は語る。

 米サンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンス「Google I/O」で、Googleは同社の新しい決済プラットフォームであるAndroid Payの詳細を開発者に発表した。Googleは、クレジットカード会社や小売業者、決済サービス提供会社と密接に協力し、各社がAndroid Payを活用した独自のアプリケーションを開発できるようにしている。そのため消費者はアプリケーションと店舗のどちらでもAndroid Payを利用することができる。Android Payは小売店のポイントプログラムとも統合可能で、小売店の顧客は購入のたびにポイントをためられる。また、小売店はAndroid Payを使った顧客について、詳しい情報を収集することが可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...