2012年02月06日 09時00分 公開
特集/連載

2011年はCIOの年収がダウン──CIOの適正年収は?米TechTarget IT給与満足度調査【前編】

米TechTargetのSearchCIO.comおよびSearchCIO-Midmarketが実施した読者調査により、米国のIT幹部の年収が明らかになった。彼らはどれほどの金額を得ているのか?

[Wendy Schuchart,TechTarget]

 2011年、上級および中堅クラスのIT幹部の年収は減少傾向となったことが、米CIO/IT Strategy Media Groupが最近実施したIT給与満足度調査で明らかになった。2010年の調査結果と比較すると平均給与はほぼ同じ水準を維持したものの、給与総額(基本給+賞与などの報奨金)はかなりの減少となった。これは、上級IT幹部の諸手当、ストックオプション、賞与が減少したことによるものだ。調査に協力した上級IT幹部全体の約94%は、2011年の年収は9万ドル以上と答えた。彼らの2011年の平均基本給は14万4000ドルだったが、回答者の地位がCEO(最高経営責任者)なのかCIO(最高情報責任者)なのか、あるいはその他の上級IT幹部なのかによって金額が大きく異なった。

 この調査は、米TechTargetのSearchCIO.comおよびSearchCIO-Midmarket読者を対象として2011年11月に実施されたもので、世界各国の32業種にわたる企業のIT幹部およびIT担当者1700人余りから回答が寄せられた。米国では50州全てが網羅された。この調査では、副社長、上級副社長、執行副社長、CIO、CTO(最高技術責任者)あるいはCISO(情報セキュリティ最高責任者)の肩書を持つ人を「上級IT幹部」と定義した。自身をディレクタークラスだとした人を「中堅IT幹部」と定義した。

 調査に回答した544人の上級・中堅IT幹部が認識している全般的なムードとしては、深刻な不景気が続く中で楽観主義と悲観主義の間で揺れ動いているという印象だった。上級IT幹部の37%は、自社のIT部門のムードは楽観的だと答えた。しかし悲観的な見方を抱いていた人も30%とかなり接近した数字だった。

2011年のITプロフェッショナルの年収

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

「信用スコア」の社会浸透に賛成57%、反対43%――HAKUHODO Fintex Base調査
利用意向層が「信用スコア」に期待する事柄のトップは「公共料金・税金の優遇」。全ての...

news149.jpg

自粛期間に「購入したモノ・始めたコト」トップは運動グッズ&運動 コロナ太り対策?
プラスアルファ・コンサルティングが外出自粛期間に「購入したモノ・始めたコト」に関す...

news055.jpg

コロナ禍がD2Cを後押し セールスフォースが最短2週間でECサイト立ち上げ可能なライセンスパッケージ提供
セールスフォース・ドットコムが提供開始した「Eコマース特別ライセンスパッケージ」の中...