不景気下でIT予算削減を乗り切るためにむやみなコスト削減には抵抗すべし

景気後退局面ではIT業務に「“リーン”シックスシグマ」を適用しなければならないとForresterは助言している。

2009年01月16日 08時00分 公開
[Linda Tucci,TechTarget]

 かつてやはり不景気だった時代に、ある大手生命保険会社がベンチマークコンサルタントを雇ってIT予算について検討させた。会社の売り上げの7%を占めるIT予算は一見削減できそうに見えた。幸い、その会社はITビジネスプロセス検討のため経営コンサルタントとも契約していた。ITで実現された超効率的なビジネスプロセスによって生み出される収益に比べれば、全社的なIT縮小によって削減できる金額などごくわずかにすぎないことが判明し、結局この会社は、その収益をもたらしてきたITサービスの縮小を思いとどまった。

 このエピソードの教訓は何か。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...