2019年02月18日 05時00分 公開
特集/連載

乱立する決済サービスをまとめる製品もNFC非搭載スマホでもタッチ決済が可能に インサーが決済用SDカードを開発

インサーはキャッシュレス決済製品群を発表した。NFC規格に準拠していないスマートフォンでタッチ決済を可能にする製品と、複数の決済カードを登録可能なスマートフォン向けアプリケーションの2つだ。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 決済関連事業を手掛けるインサーは2019年1月、実店舗でのキャッシュレス決済を可能にするスマートフォン向けアプリケーションの「INCIR WALLET」と、決済用カードの「INCIR CARD」を発表した。2019年秋に販売を開始する。INCIR WALLETとINCIR CARDはコンシューマーが購入する製品だが、キャッシュレス決済を導入済みまたは導入検討中の企業にとっては、決済対象端末を増やす手段として活用できる。

タッチ決済用スマホアプリ「INCIR WALLET」

 INCIR WALLETは、近距離無線通信の国際標準規格である、NFC通信を利用したタッチ決済を可能にするスマートフォン用アプリケーション。特徴は1つのアプリケーションで、複数の決済サービスを利用できることだ。ユーザーはNFCに準拠したクレジットカードや電子マネーカード、プリペイドカードといった、複数の決済カード情報をINCIR WALLETに登録してタッチ決済できる。決済はアプリケーションを起動して決済に使うカードを選択し、NFCリーダーにスマートフォンをかざすことで完了する。(写真1)

photo 写真1 登録したカードを選択して決済する画面

 タッチ決済に必要なNFCに準拠しておらず、安全に決済するための半導体であるセキュアエレメントを搭載していないスマートフォンでも、INCIR WALLETと後述のINCIR CARDを組み合わせることでタッチ決済ができる。

カードの挿入でNFC非対応端末でも決済が可能

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...