2015年06月09日 12時00分 公開
特集/連載

上司を置かない「ボスレス企業」続出、本当に上手くいくの?Zapposが実践する「管理職がいない世界」

少しずつ数を増やしている、“ボスレス”な組織。上司に監視されず、自己管理する経営の効果と実現するためのポイントとは。

[Nicole Laskowski,TechTarget]
ZapposのWebサイト《クリックで拡大》

 靴と衣料品のオンライン販売を手掛ける米Zapposは、常識にとらわれない斬新な経営手法で知られている。2015年5月、そのZapposがメディアの見だしを飾り、「ホラクラシー」と呼ばれる組織構造への転換を図る中で多くの離職者を出していることが話題となった。ホラクラシーとは、組織から管理職や上司を一掃し、自己管理を実践する経営スタイルのことだ。食物連鎖の頂点に立つ一握りのリーダーではなく、全従業員の集合知を引き出すことで、機敏で透明性の高い組織を実現する方法として注目を集めている。

 米ITコンサルティング会社Optimity Advisorsの技術革新担当ディレクターであるロッド・コリンズ氏によれば、上司を置かない“ボスレス”な組織を実践しているのはZapposだけではない。防水透湿素材GORE-TEXのメーカーである米W.L. Gore & Associates、トマト加工業者の米Morning Star、オンライン百科事典を運営している非営利組織の米Wikipediaなどは、それぞれ形態は異なるが、いずれも上司を置かない経営スタイルを採用している。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...