2018年03月26日 05時00分 公開
特集/連載

サイバー攻撃リスクは財務リスクとほぼ同額サイバーセキュリティへの投資がCFOの優先事項に 財務の視点では何をチェックする?

サイバー攻撃やサイバーリスクが増え続けるにつれ、サイバーセキュリティに対する経営幹部の意識が高まっている。最高財務責任者(CFO)でさえ、サイバーセキュリティに意識を向けるよう求められている。

[Mekhala Roy,TechTarget]
画像 CFOもサイバーセキュリティに関心を

 IBMのセキュリティソリューション部で製品マーケティング部門のディレクターを務めるスムカ・テンドルカール氏によると、現在のCFOは大きく2つに分類されるという。1つはサイバーセキュリティへの投資をコストと見なすCFO、もう1つはこうした取り組みが自社にとっての優位性となり得ることを理解しているCFOだ。

 後者のCFOは、財務責任者という枠組みを超えて、セキュリティへの取り組みを数値化しようとしている。だが、それは難しいことだと同氏は話す。

 「(後者の)CFOは、自身が正しい行動を取っているか、適切な部分に投資しているかどうかを他の業界と比べて判断する方法を探っている。疑似的に敵対勢力を作り、実際の攻撃を受ける前に自社の弱点を探り出すのがこのタイプのCFOだ」(テンドルカール氏)

 10年前、CFOの役割の大半は、財務のリスクをどのように管理するかだった。だが、現代の企業が直面しているのは新しい種類のリスクだ。こう語るのは、サイバーセキュリティの検証、アドバイスを実施するBitSight TechnologiesのCFOブライアン・コーエン氏だ。同氏は、最近開催されたMIT Sloan CFO Summit(マサチューセッツ工科大学でのCFO会議)で共同パネリストを務めた。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。