2012年04月17日 09時00分 公開
特集/連載

「仮想化」「タブレット」――読者調査で探るIT投資“次の本命”2012年度IT投資動向についての読者調査リポート

ユーザー企業のIT投資についてその金額や増減、投資先を読者調査で聞いた。ユーザー部門の効率化を目的にタブレット端末やスマートフォンへの投資を新たに検討している企業が多いようだ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年3月19日から4月2日まで、会員を対象に「2012年度IT投資動向についての読者調査」を実施した。調査結果からはユーザー企業のIT予算の増減や投資先、IT製品導入のプロセスなどが分かった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。

IT投資額「変わらない」が6割

 読者の勤務先のIT予算額はさまざまだ。当然ながら企業規模や業種によって金額規模は異なる。調査結果では「1000万円〜5000万円未満」が25.3%で最も多かった。次いで多いのは「500万円以下」で21.8%だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...