2011年02月25日 09時00分 公開
特集/連載

世界2300社が選ぶ2011年のIT投資優先課題、1位はサーバ仮想化回復に向かう2011年のIT予算と優先課題(後編)

世界2300社のITマネジャーを対象に、2011年のIT投資に関する優先課題を聞いた。ITマネジャーたちが選んだ最優先課題はサーバ仮想化だった。

[Mark Schlack,TechTarget]

 「2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再び」では、調査結果の全体像をお伝えした。2010年までと異なり、ITインフラよりも事業の成長を支援するソフトウェアへの投資が拡大しつつある傾向がみられた。後編では、IT投資への優先度が最も高かったサーバ仮想化と、近年話題になっているクラウドコンピューティングやモバイル関連の2011年の動向をお伝えする。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...