世界2300社が選ぶ2011年のIT投資優先課題、1位はサーバ仮想化回復に向かう2011年のIT予算と優先課題(後編)

世界2300社のITマネジャーを対象に、2011年のIT投資に関する優先課題を聞いた。ITマネジャーたちが選んだ最優先課題はサーバ仮想化だった。

2011年02月25日 09時00分 公開
[Mark Schlack,TechTarget]

 「2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再び」では、調査結果の全体像をお伝えした。2010年までと異なり、ITインフラよりも事業の成長を支援するソフトウェアへの投資が拡大しつつある傾向がみられた。後編では、IT投資への優先度が最も高かったサーバ仮想化と、近年話題になっているクラウドコンピューティングやモバイル関連の2011年の動向をお伝えする。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...