世界2300社が選ぶ2011年のIT投資優先課題、1位はサーバ仮想化回復に向かう2011年のIT予算と優先課題(後編)

世界2300社のITマネジャーを対象に、2011年のIT投資に関する優先課題を聞いた。ITマネジャーたちが選んだ最優先課題はサーバ仮想化だった。

2011年02月25日 09時00分 公開
[Mark Schlack,TechTarget]

 「2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再び」では、調査結果の全体像をお伝えした。2010年までと異なり、ITインフラよりも事業の成長を支援するソフトウェアへの投資が拡大しつつある傾向がみられた。後編では、IT投資への優先度が最も高かったサーバ仮想化と、近年話題になっているクラウドコンピューティングやモバイル関連の2011年の動向をお伝えする。

ITmedia マーケティング新着記事

news029.jpg

「痩せる」投稿が最も増える時期は?――ホットリンクとXがダイエットに関する口コミや検索行動を共同調査
ホットリンクはXと共同で、ダイエットに関するXでの口コミや検索行動を調査しました。

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...