2011年02月16日 07時30分 公開
特集/連載

経費削減中の企業IT、主役はプライベートクラウドに2011年にIT業界が注目すべき5大トレンド(後編)

前編に引き続き2011年、われわれが追いかけたい注目のITトレンドを紹介しよう。

[Heather Clancy,TechTarget]

 前編「企業が注視すべきタブレット、ソーシャルメディアの潜在力」では、IT市場の注目トレンドとしてスマートデバイスやソーシャルメディアを挙げた。後編では引き続き、ビデオコミュニケーションやプライベートクラウドなど、企業にとって重要となる3つのトピックを紹介する。

トレンドその3:ビデオ技術が主役に

 2010年にはタブレットに加え、ビデオ会議分野が活気付いた。ソリューションプロバイダーは、2011年がこの分野の飛躍の年になると考えている。

 インフラ統合を手掛ける米Atrion Networkingのティム・ヘバートCEOは「ユニファイドコミュニケーション(UC)をコラボレーション分野と連携すれば、非常に面白いものができそうだ」と話す。

 同氏によると、ソリューションプロバイダーのビジネスチャンスの1つに、電子メールやバックアップなどのアプリケーションに影響を与えることなく社内ネットワークがリアルタイムトラフィックを処理できるようなシステムを構築するサービスがあるという。その他のコンサルティング関連のビジネスチャンスとしては、ビデオ会議技術を日常的に使う必要がある従業員のニーズに、インタフェースとワークフローのデザインを合わせるといったサービスがある。

 ビデオ会議が企業ユーザーの関心を引いている理由は2つある。まず、多くの企業が出張経費を永久的に削減したいと考えていることだ。第2に、この製品カテゴリーに手ごろな価格の製品が登場してきたことがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...