2016年07月26日 12時00分 公開
特集/連載

IoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる

医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。

[Shaun Sutner,TechTarget]
イメージ

 Florida Hospital Celebration Healthに入院している患者の家族は、医師や看護師の連絡を待たずとも手術が終了したことを把握できる。それを可能にするのが医療IoT(モノのインターネット)だ。

 Adventist Health System-Florida Divisionに所属している同院では、患者が手術を受けるときにStanley Healthcare製のリアルタイム位置情報システム(RTLS)バッジを付ける。このバッジは、手術前検査室、手術室、術後回復室までの移動状況を追跡する。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...