2016年07月12日 07時00分 UPDATE
特集/連載

医療保険者の請求処理を高速化究極の自動化――ロボットが変える医療業務の未来とは?

ロボティックプロセスオートメーションを活用すれば、医療保険者と医療プロバイダーは人的要素を減らして請求処理をより効率的に行えるようになる。

[Shaun Sutner,TechTarget]

関連キーワード

アプリケーション開発 | 医療IT


画像 ロボティックプロセスオートメーションについて解説するロッド・ダンラップ氏のブログ(出典:Alsbridge)《クリックで拡大》

 請求処理の自動化を進めるためにリスクを負っている医療保険者と医療プロバイダーには、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)が役に立つ。その理由について、ITインフラのコンサルティングとサービスを提供するグローバル企業のAlsbridgeでロボティックプロセスオートメーション部門のディレクターを務めるロッド・ダンラップ氏が語った。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...