2014年05月16日 08時00分 公開
特集/連載

医療情報学のスペシャリストが語る、医療ITの将来像ガートナーイベントリポート(前編)

ガートナージャパンが2014年4月に開催したイベントで、医療ITを推進するキーパーソンである宮本正喜氏が医療情報システムの変遷や将来像を語った。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo 兵庫医科大学の宮本氏。「病院の環境は少しずつ変化しており、その背景にはICT技術があることを理解してほしい」と語る

 ガートナージャパンが2014年4月23〜25日に開催した「ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2014」。4月24日のゲスト基調講演には、医療情報学に詳しい兵庫医科大学の宮本正喜 主任教授が登壇した。「医療における過去、現在、未来の夢」と題したこの講演では、これまで取り組んできた医療情報システムの開発や医療ITの将来像などを語った。今回から2回にわたり、講演の内容を紹介する。

 宮本氏は大学の工学部出身でロボット工学などに携わり、そうした技術を医療分野でも活用できればと医学部に進学した経歴を持つ。また、医療とITの両分野に詳しい人材として、研修医時代の1980年代から医療情報システムの開発にも長年取り組んできた。同氏は、2013年11月に開催された「第33回医療情報学連合大会」(第14回日本医療情報学会学術大会)の大会委員長を務めている。

医療情報システムの変遷を解説

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...