2014年06月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ガートナーイベントリポート(後編)「ロボティック医療」も本格化 未来の医療ITを支える4つの技術

ガートナージャパンが2014年4月に開催したイベントでは、医療ITを推進するキーパーソンである宮本正喜氏が、今後の医療ITを支える4つの技術を例に医療情報システムの将来像を語った。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

未来の医療ITを支える4つの技術

photo 兵庫医科大学の宮本氏

 ガートナージャパンが2014年4月23〜25日に開催した「ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2014」。4月24日のゲスト基調講演には、医療情報学に詳しい兵庫医科大学の宮本正喜 主任教授が登壇した。「医療における過去、現在、未来の夢」と題したこの講演では、これまで取り組んできた医療情報システムの開発や医療ITの将来像などが語られた。前編「医療情報学のスペシャリストが語る、医療ITの将来像」に続き、その講演内容を紹介する。

 講演の中で、宮本氏は未来への挑戦として「クラウド」「ビッグデータ」「ユビキタス」「ロボティック医療」の4テーマに関する最新動向や今後の期待などを語った。

クラウド:地域の病院/診療所を“単一の病院”に

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...