2016年02月03日 12時00分 公開
特集/連載

2020年代は「ロボットが人間に命令する時代」、最も影響を受ける人は?ヒラリー・クリントン氏のアドバイザーが語る

テクノロジー政策の専門家アレック・ロス氏は、認知ロボット工学が労働市場に与える影響と、未来の産業を手中に収めるのに米国が最も有利な立場にある理由を語った。

[Sue Troy,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 世界中で巻き起こっている革新の波により、これから10年の間に人々の暮らしや企業の在り方は大きく変わるだろう。ヒラリー・クリントン氏の国務長官時代にイノベーションアドバイザーを務めていたアレック・ロス氏は、自身の著書『The Industries of the Future』でそのように語っている。今回のインタビューでは、認知ロボット工学がもたらす影響と世界規模で戦おうとしている米国企業の展望について語った。

このインタビューは抜粋になります。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...