2016年02月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ヒラリー・クリントン氏のアドバイザーが語る2020年代は「ロボットが人間に命令する時代」、最も影響を受ける人は?

テクノロジー政策の専門家アレック・ロス氏は、認知ロボット工学が労働市場に与える影響と、未来の産業を手中に収めるのに米国が最も有利な立場にある理由を語った。

[Sue Troy,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 世界中で巻き起こっている革新の波により、これから10年の間に人々の暮らしや企業の在り方は大きく変わるだろう。ヒラリー・クリントン氏の国務長官時代にイノベーションアドバイザーを務めていたアレック・ロス氏は、自身の著書『The Industries of the Future』でそのように語っている。今回のインタビューでは、認知ロボット工学がもたらす影響と世界規模で戦おうとしている米国企業の展望について語った。

このインタビューは抜粋になります。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...