2015年12月04日 12時00分 公開
特集/連載

職を奪われるどころではない――ロボット開発が行き着く必然の未来とは想像力を持つロボットが登場したら?(1/2 ページ)

ロボットは人間より速く、人間より賢くなりつつあり、いずれ創造力をも持ち合わせる、とロボティクス(ロボット工学)専門家のホッド・リプソン氏は語る。そのときのために、今から準備が必要だ。

[Jason Sparapani,TechTarget]

関連キーワード

CIO | IoT(Internet of Things) | 経営


EmTech 2015のWebサイト《クリックで拡大》

 ロボットによって人間の職が奪われると警告する記事が多数ある一方で、そんなことにはならないという記事も多い。機械は高速計算が得意でも、人間のような創造力は決して持ち得ないという議論もよく聞く。

 だが、いつまでもそうとは限らない。米コロンビア大学のホッド・リプソン氏によれば、これから100年以内に状況は変わるという。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...