ロボットが“できる同僚”になってしまう未来、人間は信頼関係を築けるか学習して進化するロボット「Baxter」登場

近く、ロボットは企業においてその活路を見いだすだろう。だが、私たち人間はロボットを信用できるのだろうか。本稿ではロボットがIT部門にもたらす影響を考察する。

2014年11月05日 08時00分 公開
[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Gartner | IBM(アイ・ビー・エム)


Rethink Robotics、ロボット、Baxter《クリックで拡大》

 本稿では、職場にロボットを導入することについて考察する。具体的には、ロボットの未来と、ロボットが職場に導入されることが最高情報責任者(CIO)にどのような意味をもたらすのかの2点にスポットを当てたい。

 IT部門の観点では、スマートマシンの登場によって、テクノロジー環境は複雑になった。スマートマシンとは、機械学習によって人間の代わりにタスクを実行するシステムだ。だが、人工知能の管理に必要なのは技術的な知識だけではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...