2014年11月05日 08時00分 公開
特集/連載

ロボットが“できる同僚”になってしまう未来、人間は信頼関係を築けるか学習して進化するロボット「Baxter」登場

近く、ロボットは企業においてその活路を見いだすだろう。だが、私たち人間はロボットを信用できるのだろうか。本稿ではロボットがIT部門にもたらす影響を考察する。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Gartner | IBM(アイ・ビー・エム)


Rethink Robotics、ロボット、Baxter《クリックで拡大》

 本稿では、職場にロボットを導入することについて考察する。具体的には、ロボットの未来と、ロボットが職場に導入されることが最高情報責任者(CIO)にどのような意味をもたらすのかの2点にスポットを当てたい。

 IT部門の観点では、スマートマシンの登場によって、テクノロジー環境は複雑になった。スマートマシンとは、機械学習によって人間の代わりにタスクを実行するシステムだ。だが、人工知能の管理に必要なのは技術的な知識だけではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。