2014年11月05日 08時00分 公開
特集/連載

ロボットが“できる同僚”になってしまう未来、人間は信頼関係を築けるか学習して進化するロボット「Baxter」登場

近く、ロボットは企業においてその活路を見いだすだろう。だが、私たち人間はロボットを信用できるのだろうか。本稿ではロボットがIT部門にもたらす影響を考察する。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Gartner | IBM(アイ・ビー・エム)


Rethink Robotics、ロボット、Baxter《クリックで拡大》

 本稿では、職場にロボットを導入することについて考察する。具体的には、ロボットの未来と、ロボットが職場に導入されることが最高情報責任者(CIO)にどのような意味をもたらすのかの2点にスポットを当てたい。

 IT部門の観点では、スマートマシンの登場によって、テクノロジー環境は複雑になった。スマートマシンとは、機械学習によって人間の代わりにタスクを実行するシステムだ。だが、人工知能の管理に必要なのは技術的な知識だけではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。