2014年05月13日 08時00分 公開
特集/連載

人に勝る人工知能「Watson」が次のステップに頭をひねっている医療、金融などにサービスを提供へ

2014年1月に専門部署が新設された、IBMの人工知能コンピュータ「Watson」事業。同社は医療や金融サービス、通信など特定業界への利用促進を進めているが、課題も明らかになってきた。

[George Lawton,TechTarget]

 2011年に米IBMの人工知能スーパーコンピュータ「Watson」は、米国のテレビのクイズ番組「Jeopardy!」(ジョパディ!)で勝利を収め、コグニティブコンピューティング(※)によって膨大な非構造化情報を理解、分析して明快な答えを導き出せることを証明した。

※:「コグニティブ」(cognitive)は、「認識の」「認識による」「経験的知識に基づく」などの意。

 IBMは現在、この技術を開発者に提供することで、インターネットアプリケーション全般へのコグニティブコンピューティングの利用を促進しようとしている。この技術を使った最初のアプリケーションは医療向けだが、IBMなどの企業は、情報の洪水にさらされる金融、サービス、通信といった業界にも利用の機会を見いだしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...