「エボラ出血熱」拡大阻止の現場、災害医療モバイルアプリはどう活躍したか?ひと目で分かるUIと、安全なデータ共有(1/2 ページ)

エボラ出血熱の大流行に対する国際対応において、ある非営利団体は地域医療従事者が調査対象からデータを収集するためのモバイルアプリを活用した。

2016年06月17日 07時00分 公開
[Alyssa WoodTechTarget]
アプリ画面 Partners in Health(PIH)のエボラ出血熱スクリーニング用アプリ《クリックで拡大》

 2014年に西アフリカでエボラ出血熱が大流行したとき、世界中の団体が多数の医療従事者を派遣し、現地の医療関係者やボランティアを支援した。以来2年間、そうした団体の多くは災害対応におけるモバイル医療技術の有用性を実感している。

 災害医療において、患者からの情報収集と分析、共有、対策は重要な作業だ。米国の非営利団体Partners in Health(PIH)は現地で活動し、医療関係者の訓練、患者のケア、患者と家族を対象とした調査を行ってきた。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。