2016年06月14日 15時00分 公開
特集/連載

ストレージ速度を何より重視する現代「医療IT」の仮想デスクトップ環境一刻を争う現場は性能低下を許さない(1/2 ページ)

命が関わる医療現場のIT活用においてシステムの処理速度は「命」にもかかわる問題だ。仮想環境の普及が進む医療システムにおいて、その生死を左右しかねないキーパーツがストレージだという。

[Brien Posey,TechTarget]
医療現場のITシステムでも仮想プラットフォームの導入が進んでいる。そこで処理速度に大きく影響するのがストレージデバイスだ《クリックして拡大》

 IT担当者は医療現場でストレージテクノロジーをどう使えばアプリケーションのパフォーマンスを向上させられるかに、今、最も関心を持って取り組んでいる。

 ここで重要なのは、デスクトップ仮想化の実装を決めた病院が、仮想デスクトップが少なくとも物理デスクトップと同等のパフォーマンスを発揮することを非常に重視していることだ。

 ただし、仮想デスクトップのパフォーマンスが良ければアプリケーションのパフォーマンスが必ず良くなるわけではない。この原因は何だろうか。物理デスクトップと異なり、仮想デスクトップではアプリが必ずしも仮想デスクトップに直接インストールされているとは限らない。そのため、仮想デスクトップの基盤となるストレージハードウェアの機能の恩恵を受けられないこともある。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...