2016年07月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

手元に残すべきデータとは「医療ビッグデータ」でもクラウド移行は“じわり”と進行、その最新事例とは (1/2)

EBM(根拠に基づく医療)へ移行するほど、医療機関ではクラウドストレージの需要が高まっていく。では何のデータを手元に残すべきか。事例から考察する。

[Nicole Lewis,TechTarget]
Beth Israel Deaconess Medical Centerも、クラウド移行は慎重に検討しているという(画像はWebサイトから)《クリックで拡大》

 病院や医療機関で働く、最高情報責任者(CIO)や医療情報部門の幹部が、ストレージを再設計するときには、複数の要素について検討する必要がある。

 例えば、医療機関のIT担当者は以下のことをしなくてはならない。

  • クラウドストレージに保管する候補のデータファイルとアプリケーションを合理的に判断する
  • オンプレミスに残すデータを決める
  • 法的要件を満たすために保管が必要な患者情報の処理に利用する新しいテクノロジーがあるかどうかを特定する
       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...