2015年11月10日 08時00分 公開
特集/連載

事例:DWH高速化をフラッシュストレージで実現した愛媛大学医学部附属病院レスポンスが2〜3秒まで短縮

2014年5月に新システムの本稼働を開始した愛媛大学医学部附属病院。リアルタイムなデータ分析を実現するため、DWHにフラッシュストレージを採用した。その取り組みを紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
2013年に開学40周年を迎えた愛媛大学医学部 2013年に開学40周年を迎えた愛媛大学医学部。1973年の医学部設置に当たり「患者から学び、患者に還元する教育・医療・研究」を理念とした

 1976年に開院した愛媛大学医学部附属病院(愛媛県東温市)は「学生・医療人の卒前・卒後教育、質の高い医療の提供および医学医療の発展のための研究・開発」を使命に掲げ、愛媛県の地域医療の向上発展に寄与することを目指している。標榜(ひょうぼう)診療科は17科、病床数は626床。愛媛県にある唯一の大学病院として特定機能病院、がん診療連携拠点病院、愛媛県災害拠点病院などに指定されている。

ストレージ環境の高速化を目指し、システムを刷新

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...