“最後のリカバリー手段”を超えて進化するバックアップの未来とはバックアップとアーカイブの共有化(1/2 ページ)

バックアップ製品は進化しており、データのリカバリーだけでなく、いろいろな機能が追加されてきた。どのような機能があり、それがどのように使えるのかを紹介する。

2016年03月28日 12時00分 公開
[George CrumpTechTarget]
バックアップ方法について(出典:TechTarget記事「【技術解説】仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”バックアップ」)《クリックで拡大》

 ほとんどの企業はバックアップを保険契約と考えている。企業データのバックアップ方法として、専用ソフトウェアとハードウェアでデータを正確にコピーして元の場所に戻す方法がある。この方法の欠点は、処理に時間がかかり、一部の変更内容は失われることである。一方、バックアップのソフトウェアとハードウェアのベンダーが提供する製品は進化している。そのため、高可用性やコピーデータ管理、アーカイブ、データ分類など、多様な課題にも対応できようになった。企業データのバックアップは今でも最後のリカバリー手段として機能しているが、セーフティネット以上のものにもなり得る可能性がある。

利用可能な選択肢としての企業データのバックアップ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...