2016年03月28日 12時00分 公開
特集/連載

“最後のリカバリー手段”を超えて進化するバックアップの未来とはバックアップとアーカイブの共有化(1/2 ページ)

バックアップ製品は進化しており、データのリカバリーだけでなく、いろいろな機能が追加されてきた。どのような機能があり、それがどのように使えるのかを紹介する。

[George CrumpTechTarget]
バックアップ方法について(出典:TechTarget記事「【技術解説】仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”バックアップ」)《クリックで拡大》

 ほとんどの企業はバックアップを保険契約と考えている。企業データのバックアップ方法として、専用ソフトウェアとハードウェアでデータを正確にコピーして元の場所に戻す方法がある。この方法の欠点は、処理に時間がかかり、一部の変更内容は失われることである。一方、バックアップのソフトウェアとハードウェアのベンダーが提供する製品は進化している。そのため、高可用性やコピーデータ管理、アーカイブ、データ分類など、多様な課題にも対応できようになった。企業データのバックアップは今でも最後のリカバリー手段として機能しているが、セーフティネット以上のものにもなり得る可能性がある。

利用可能な選択肢としての企業データのバックアップ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...