2015年07月29日 10時00分 UPDATE
特集/連載

統合に向かうデータバックアップとアーカイビングいまさら聞けない“バックアップ”と“アーカイブ”の違い

これまで長い間、バックアップとアーカイビングは別のプロセスだった。だがバックアップ用のソフトウェアとハードウェアの進歩のおかげで、両者の統合が可能になりつつある。

[George Crump,TechTarget]
photo 一般的な仮想環境のバックアップの仕組み《クリックで拡大》

 原則論でいえば、データバックアップとアーカイビングは別々のプロセスであるべきだ。これには十分な理由がある。それぞれのプロセスの内容だけでなく、ストレージシステムに対する要件が大きく異なるからだ。多くのデータセンター、特に中堅・中小企業のデータセンターでは本格的なアーカイビング戦略が存在しないが、最近のバックアップ用ソフトウェアとハードウェアの機能を見れば、そういった戦略は必要でないのかもしれない。とはいえ、バックアップでアーカイブを代替することは本当に可能なのだろうか。

バックアップ、アーカイブはどう違う?

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...