2015年02月17日 08時00分 公開
特集/連載

バックアップデータの積極活用でシャドーITも防げる「CommVault Simpana」バックアップ/リカバリソフトウェア製品紹介:CommVault

統合データ管理ソフトウェア「CommVault Simpana」は、バックアップデータの積極的活用や仮想マシンの階層型管理などの機能を備え、データ保護プラットフォームの新たな可能性を示している。

[谷崎朋子]
photo CommVault Systems Japan エリアバイスプレジデント 大越氏

 米調査会社Gartnerのバックアップ/リカバリ分野のマジッククアドラントにおいて4年連続で「リーダー」に選出――。国内での知名度は大手に後れを取るものの、製品自体の優位性で評価を広げつつあるのが、1996年に設立された米CommVault Systemsだ。同社が開発・提供する主力製品が、データ保護ソフトウェア「CommVault Simpana」(Simpana)である。

 日本法人CommVault Systems Japanのエリアバイスプレジデント、大越大造氏は「多くのバックアップ製品・サービスを提供するベンダーが、企業買収で自社の製品や機能のポートフォリオを増やす事業戦略を取る。一方、CommVaultではデータの管理、アクセス、保護に関する包括的な機能を備えるSimpanaを自社開発してきた」と、他社との差異化ポイントを説明する。

 大小さまざまなベンダーがひしめくバックアップ/リカバリ分野。Simpanaはその中にあって、バックアップデータを積極的に活用したり、仮想マシンのライフサイクル管理を支援するなど、データ保護プラットフォームの新たな可能性を示しており、注目の価値があると判断した。本稿ではSimpanaの特徴的な機能を紹介する。

データ管理に対する要件を単一のプラットフォームで実現する「CommVault Simpana」

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...