2016年09月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

進化するDBMS市場【前編】データベース市場の革命は可能か、明白になってきた課題と次の躍進を探る

企業がソーシャルメディアやビッグデータ、IoTから得られる非構造化データの管理に注目する中、データベース管理システム(DBMS)市場に新しい風が吹いている。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | Facebook | データベース | NoSQL | RDBMS


国内ビッグデータ市場予測(出典:IDCジャパン、2016年6月)《クリックで拡大》

 陰りを見せていた「データベース管理システム」(DBMS)市場に光が差し込んでいる。この数年、DBMS市場は全くと言っていいほどに活気がなかった。企業が近代的なシステムのインフラに移行する一方で、DBMSの限界が目立つようになっている。この状況を受けて、多数のスタートアップサプライヤーが市場に攻勢をかけた結果、ユーザーの選択肢が増えている。

 「リレーショナルデータベース管理システム」(RDBMS)が登場したのは1970年代のことだ。RDBMSのおかげで企業はビジネス情報を保存できるようになった。Gartnerの調査によると、DBMS市場を支配しているのは3社で、その内訳は42%のシェアを占めるOracle、20%のMicrosoft、18%のIBMとなっている。これらのベンダーは初期のころから市場に参入しており、オンライン処理からデータ分析まで多様な用途をサポートするDBMS製品を提供してきた。だが高い需要とは裏腹に、革新はほとんど起きてこなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響...

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...