2016年10月17日 15時00分 公開
特集/連載

「Microsoft Azure」、知っておくべき7つのビッグデータサービス「Data Lake Analytics」「HDInsight」など

Microsoftは「Microsoft Azure」のビッグデータサービスポートフォリオを拡大している。ビッグデータで大躍進を遂げたいユーザー企業が知っておくべきAzureのサービスを説明する。

[Kathleen Casey,TechTarget]
Azure Data Lake AnalyticsのWebサイト(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 ビッグデータはその規模のみならず、需要も拡大している。社内処理でもソーシャルメディアでも、企業が取捨選択しなければならないデータの量は日々増え続けている。多くの企業は短時間でその全ての情報を高速処理できるサービスを必要としているが、そこで出番となるのがクラウドだ。

 Microsoftは自社のミッションをインテリジェントなクラウドプラットフォームの構築へと転換した。その結果、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」のビッグデータサービスは勢いを増している。Azureプラットフォームが提供するのは「情報管理」「ストレージ」「機械学習」「分析」「コグニティブサービス」などの機能だ。また「Azure Marketplace」から、ビッグデータや高度な分析ソリューションを提供するパートナー企業のアプリケーションを利用することもできる。

 Microsoft Azureのビッグデータサービスを使用する前に、同サービスを知るために以下の用語について確認しておきたい。

Azure Data Lake Analytics

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。