2016年02月29日 15時00分 公開
特集/連載

IT部門に頼らないデータ分析、やってみて分かるこれだけのメリットクラウドベースのBIを活用

データ管理とレポート作成についてIT部門に頼りきっていたある企業が、クラウドベースのBIを利用することで、その状況を緩和した。その結果、アナリストは自社のデータをさらに活用できるようになった。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 クラウド型BIダッシュボード「GoodData」《クリックで拡大》

 既にデータ駆動を広く実践している企業が、データ分析をさらに活用して製品/サービスの中核に据えるにはどうすればよいだろうか。ある企業がそのために踏み出した最初の一歩は、IT部門への依存度を下げることだった。

 ServiceChannelは、米国ニューヨークを拠点に設備管理ソフトウェアを提供する企業だ。同社でグローバルサービス担当バイスプレジデントを務めるシド・シェティ氏は次のように語る。「ビジネスインテリジェンス(BI)は非常に複雑な分野だ。従来、ビジネス部門に所属する従業員は、ほぼ例外なくBIに恐れをなしており、複雑な何段階もの手順を踏んでデータにアクセスしなければならなかった。ビジネス部門の従業員はいつもIT部門を頼りにしていた」

クラウドベースのBIがデータの壁を取り除く

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...