2016年12月01日 12時00分 公開
特集/連載

IoT時代到来で半導体業界はどう変わる? 5件の大型買収を振り返る半導体の需要拡大を見込んだ業界再編

モノのインターネット(IoT)用のデバイスには、新しいタイプの半導体チップが必要になると予想されることから、半導体業界には企業買収の波が押し寄せている。半導体業界の動向を振り返る。

[Gary Orenstein,TechTarget]

 IT系Webサイト『AnandTech』はQualcommのNXP Semiconductors買収について次のように報じている。

 「合併後の会社は、汎用(はんよう)半導体を提供する世界最大規模のサプライヤーの1つとなる。売上高はSamsung ElectronicsやIntelと肩を並べることになるだろう」。

 QualcommによるNXP Semiconductorsの買収の他にも、半導体業界ではモノのインターネット(IoT)時代に備えた大型買収が相次いでいる。この2年間に発表された大型買収のうち、主な5つの案件は以下の通りだ。

  • NXP SemiconductorsがFreescale Semiconductorを118億ドルで買収(2015年3月発表)
  • Avago TechnologiesがBroadcomを370億ドルで買収(2015年5月発表)
  • IntelがAlteraを170億ドルで買収(2015年6月発表)
  • ソフトバンクがARM Holdingsを310億ドルで買収(2016年7月発表)
  • QualcommがNXP Semiconductorsを470億ドルで買収(2016年10月発表)

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...