2016年03月18日 12時00分 UPDATE
特集/連載

最も注意すべきはデータプライバシーあなたの情報を集める“スマート家電”、ベンダーが陥る罠とは?

IoT(モノのインターネット)に接続する機器を視聴に投入したい企業は目先のビジネスチャンスに目がくらんで、簡単なトラップにあっさりとかかったりする。そんなみじめなことにならない3つのポイントを確認する。

[Ed Burns,TechTarget]
kn_ttus0318_01.jpg スマート家電市場に参入しようとするベンダーは焦るあまり肝心のことを忘れがちだ。その市場で成功しようと思ったら、パナソニックのように罠にかからない心構えに留意しなければならない《クリックで拡大》

 スマート家電市場が急成長し、ベンダーやサービス事業者に新しい大きなビジネスチャンスをもたらしている。だが、2016年2月に米国で開催したカンファレンス「IoT Data Analytics & Visualization」で講演した専門家は、「企業はこの新興市場を開拓する上で、よくある落とし穴を避けなければならない」と警告した。

 企業が最も注意すべきことの1つとして、データプライバシーがある。ホームセキュリティを扱うADTで行政対応担当副社長兼最高プライバシー責任者のポール・プロフチャン氏は、顧客データを分析するときは透明性を確保することが重要だと語った。

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...