2015年06月12日 08時00分 公開
特集/連載

新OS「Windows 10 IoT Core」の謎に迫る どのデバイスで動いて何ができる?IoTに必要なOSの条件

昨今、「IoT」(モノのインターネット)が話題になり、注目されている。IoTを開発するときに必要となる条件とは。また、Windows 10への期待とは。

[Patrick Hubbard,TechTargetジャパン]
IoTの概要とイメージ(参考:モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る)《クリックで拡大》

 展示会や見本市では、品質が良い状態の製品を見ることができ、問題なく動くデモが見ることができる。そのため、展示会や見本市の後はベンダーの宣伝に感化されやすい状態になる。

 「Microsoft Ignite 2015」からの帰路。筆者は米シカゴのオヘア空港のベンチで、米Microsoftの組み込み機器向けOS「Windows 10 IoT」のチームの取材内容に、いささか驚きを隠しきれなかった。彼らは数百個もの「Raspberry Pi 2(※)」をばらまいていた。展示会や見本市後のベンダーの宣伝に感化されやすい状態の補正の除いたとしても、MicrosoftがIoTのシェアを奪い取るかもしれないということを私は認めなければならない。

※2 ARM v7チップセットを搭載した低価格マシン。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...