2015年06月12日 08時00分 公開
特集/連載

新OS「Windows 10 IoT Core」の謎に迫る どのデバイスで動いて何ができる?IoTに必要なOSの条件

昨今、「IoT」(モノのインターネット)が話題になり、注目されている。IoTを開発するときに必要となる条件とは。また、Windows 10への期待とは。

[Patrick Hubbard,TechTargetジャパン]
IoTの概要とイメージ(参考:モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る)《クリックで拡大》

 展示会や見本市では、品質が良い状態の製品を見ることができ、問題なく動くデモが見ることができる。そのため、展示会や見本市の後はベンダーの宣伝に感化されやすい状態になる。

 「Microsoft Ignite 2015」からの帰路。筆者は米シカゴのオヘア空港のベンチで、米Microsoftの組み込み機器向けOS「Windows 10 IoT」のチームの取材内容に、いささか驚きを隠しきれなかった。彼らは数百個もの「Raspberry Pi 2(※)」をばらまいていた。展示会や見本市後のベンダーの宣伝に感化されやすい状態の補正の除いたとしても、MicrosoftがIoTのシェアを奪い取るかもしれないということを私は認めなければならない。

※2 ARM v7チップセットを搭載した低価格マシン。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

news129.jpg

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。