2014年07月18日 15時00分 公開
特集/連載

「モノのインターネット(IoT)」でも予想されるAmazonとGoogleの衝突クラウドが支える新たなる潮流

クラウドと「モノのインターネット」のアプリケーション。両者の成長が密接に関係する理由を語ろう。

[Jeff Kaplan,TechTarget]

 今日のクラウドサービスが持つかつてないパワーが、“コネクテッドワールド”(インターネットに接続された世界)という先進的なアイデアに形を与え、実現可能なものにしている。IT企業などは「モノのインターネット」(Internet of Things、以下“IoT”)のメリットを前面に押し出し、新世代のコネクテッドデバイスやリモートセンサーを宣伝しているが、実際、クラウドを利用すれば、ほぼ全ての業種のどのような規模の企業でも、IoTの取り組みを開始し、自社が描くIoTのビジョンを実現できる。

M2MからIoTへ

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...