あらゆるアプリを賢くする人工知能(AI)の限界、それでも熱視線が集まる理由誇大広告を冷静に見極める目が必要

人工知能(AI)システムが大いに注目を集めている。AIをどう導入すればビジネスに効果的か、それを理解することは企業にとって緊急の課題となっている。

2016年08月04日 12時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]
Watson IBMは「Watson」の日本語版APIを公開している(画像はIBMのWebサイトより)《クリックで拡大》

 アドバンストアナリティクス分野(統計解析、データマイニングなどの高度な分析)において、人工知能(AI)は2016年大注目のトレンドの1つとなっている。だが今日提供されているAI技術は、多くの人々が想像するAIとは異なるかもしれない。

 データマネジメント教育組織のDataversityが2016年7月中旬に開催したオンラインイベント「Smart Data Online」では、AIアプリケーションは今後、サービスとして提供されるインテリジェントなアプリケーションになるとの指摘が相次いだ。例えば、小売り業者がIBMのPaaS(Platform as a Service)サービス「IBM Bluemix」を通じて、同社のAIエンジン「Watson」をベースとする顧客サービスチャットボットを設置するといった具合だ。Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」も同様のAIサービスを提供している。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。