2016年07月27日 15時00分 公開
特集/連載

誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変えるWeb検索から金融、不正対策まで

企業は今こそ機械学習の採用を検討し、最新のトレンドである高度な分析テクノロジーのメリットを享受すべきである。

[Ed Burns,TechTarget]
図 Googleが開発した機械学習プラットフォーム「TensorFlow」(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大

 最近、分析の世界で機械学習アルゴリズムと人工知能ツールが注目を集めている。業界の専門家や経験豊富なユーザーに言わせれば、これらのテクノロジーは称賛に値するものだという。

 「機械学習モデルと人工知能モデルを採用する影響は大きい。自社製品でこうしたテクノロジー使用する方法を考えていないなら検討すべきだろう」とGoogle上級研究者のジェフ・ディーン氏は述べる。なお、同氏はGoogleのオープンソース機械学習プラットフォーム「TensorFlow」の開発指揮を執った人物だ。

誰でも使用できる機械学習

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...