2016年07月27日 15時00分 公開
特集/連載

誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変えるWeb検索から金融、不正対策まで

企業は今こそ機械学習の採用を検討し、最新のトレンドである高度な分析テクノロジーのメリットを享受すべきである。

[Ed Burns,TechTarget]
図 Googleが開発した機械学習プラットフォーム「TensorFlow」(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大

 最近、分析の世界で機械学習アルゴリズムと人工知能ツールが注目を集めている。業界の専門家や経験豊富なユーザーに言わせれば、これらのテクノロジーは称賛に値するものだという。

 「機械学習モデルと人工知能モデルを採用する影響は大きい。自社製品でこうしたテクノロジー使用する方法を考えていないなら検討すべきだろう」とGoogle上級研究者のジェフ・ディーン氏は述べる。なお、同氏はGoogleのオープンソース機械学習プラットフォーム「TensorFlow」の開発指揮を執った人物だ。

誰でも使用できる機械学習

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...