2016年07月27日 15時00分 公開
特集/連載

誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変えるWeb検索から金融、不正対策まで

企業は今こそ機械学習の採用を検討し、最新のトレンドである高度な分析テクノロジーのメリットを享受すべきである。

[Ed Burns,TechTarget]
図 Googleが開発した機械学習プラットフォーム「TensorFlow」(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大

 最近、分析の世界で機械学習アルゴリズムと人工知能ツールが注目を集めている。業界の専門家や経験豊富なユーザーに言わせれば、これらのテクノロジーは称賛に値するものだという。

 「機械学習モデルと人工知能モデルを採用する影響は大きい。自社製品でこうしたテクノロジー使用する方法を考えていないなら検討すべきだろう」とGoogle上級研究者のジェフ・ディーン氏は述べる。なお、同氏はGoogleのオープンソース機械学習プラットフォーム「TensorFlow」の開発指揮を執った人物だ。

誰でも使用できる機械学習

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...