Googleは機械学習をどうデータセンター管理に生かしているのか?研究開発が活発化(1/2 ページ)

機械学習を使ったデータセンターの管理がいよいよ実現しようとしている。機械学習は実用化の段階に移りつつあることを裏付ける、さまざまな事例を紹介する。

2016年06月02日 15時00分 公開
[Alan R. EarlsTechTarget]

関連キーワード

Google | Facebook | データ分析


Googleが開発したディープラーニング専用プロセッサ「TPU(Tensor Processing Unit)」(Google Cloud Platform Blogより)《クリックで拡大》

 機械学習の導入がいよいよ企業に広がり始めている。機械学習はとりわけ、データセンターとの相性が良いようだ。

 先見性のある企業にとって、機械学習は実用化の段階に移りつつある。人工知能(AI)の一分野である機械学習については、既に半世紀以上前から理論立てて語られているが、ここへきてようやく、機械学習の活用事例がコンピュータサイエンスの本丸、すなわちデータセンターの分野に広がりを見せ始めている。

 “データに関するデータ”が存在するような複雑な環境において、コンピュータの計算能力の向上にコンピュータを活用しない手はない。そうした考えにようやく時代が追い付いたようだ。

 「機械学習を使ったデータセンター管理がいよいよ実現しようとしている」と調査会社Forrester Researchの主任アナリスト、ミシェル・ゲッツ氏は語る。

データセンターは理想的な環境

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。