2015年08月13日 15時00分 公開
特集/連載

挫折を重ねてきた人工知能研究が今注目される“歴史的な理由”とは可能性が広がる人工知能【前編】

米IBMの「Watson」をはじめ人工知能(AI)技術が発達し、今後次々と生まれる新たな可能性は非常に巨大だ。今までのAI時代の歴史を振り返る。

[Harvey Koeppel,TechTarget]

関連キーワード

CIO | データ分析 | Gartner | IT部門 | IT戦略


IBMのWatsonのWebページ《クリックで拡大》

 私は今、大いに高ぶる気持ちと同時に一抹の不安を抱きながら、この原稿を書いている。私が興奮しているのは、約60年間にわたる研究開発の飛躍と挫折を経て、今や人工知能(AI)がついにメインストリーム技術となったという紛れもない現実が存在するからだ。この現実を劇的かつ明白に示した出来事が、2011年2月16日に米IBMのスーパーコンピュータ「Watson」が米クイズ番組「Jeopardy!」で74連勝という最長連勝記録保持者のケン・ジェニングス氏と賞金獲得額トップのブラッド・ラッター氏に圧倒的勝利を収めたことだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...