ビジネスプロセスマネジメント(BPM)の「投資対効果」が意外にすごかったBPMに取り組むべき「6つのメリット」【後編】

「ビジネスプロセスマネジメント」(BPM)の導入にはコストが掛かるが、その“見返り”は小さくない。BPMツールのユーザー企業を例に、BPMの投資対効果を紹介する。

2022年12月15日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 企業が根本的なビジネス改善に取り組む手法の一つとして、IT活用とビジネスの見直しを組み合わせた「ビジネスプロセスマネジメント」(BPM:Business Process Management)がある。企業はBPMに注力すると、どのようなメリットが得られるのか。今回はBPMの6つのメリットのうち、5つ目と6つ目を見る。

5.“無駄遣い”の徹底排除

 「BPMは、企業がビジネスプロセスの現状を評価し、最適化すべき領域を特定するのに役立つ」と、BPMベンダーBlueprint Software Systemsの最高経営責任者(CEO)、ダン・シマーマン氏は述べる。シマーマン氏によれば、BPMの主な目的は「無駄」「重複」「ミスの多発する手順」「コンプライアンスのリスク」をなるべくなくすことだ。

 年間100万ドルの運用コストが掛かるビジネスプロセス自動化が、30万ドル相当の価値しか生んでいない――。Blueprint Software Systemsのあるユーザー企業は、BPMツールを利用して、こうした事実を発見した。BPMツールによる改善の提案を基に、そのビジネスプロセス自動化を見直した結果、年間70万ドルを節約できるようになったという。

6.“縦割り文化”からの脱却

 企業はBPMツールを利用することで、個々のシステムやプロセスをつなぎ、情報管理やコミュニケーションの改善を図ることができる。オープンソースソフトウェア(OSS)のBPMツールを開発するBonitasoftのバレンティナ・ボトナリ氏によると、BPMツールのリアルタイム可視化機能は、クラウドサービスを含めたさまざまなシステムをつなぎ、ビジネスプロセスの自動化を可能にする。

 ボトナリ氏によると、Bonitasoftは社内でもBPMツールを使い、年2回アップデートするソフトウェアの開発工程を管理している。BPMツールは進捗(しんちょく)状況を見える化。問題を発見すると、意思決定者に知らせて解決方法を提案するという。「意思決定者はBPMツールによって問題をいち早く把握し、会議など問題解決に関する社内コミュニケーションの場を迅速に調整できるようになる」とボトナリ氏は説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...