2016年07月04日 12時00分 公開
特集/連載

Twitterも使っている「深層学習」ツール、普及の鍵は?データサイエンティストたちが注目(1/2 ページ)

多くの企業では、これまでに収集してきたあらゆる非構造化データを活用する方法を探している。深層学習アプリケーションがこのような企業の要求を満たす一助となるかもしれない。

[Ed Burns,TechTarget]
図 Twitterは深層学習に、Googleが開発した機械学習プラットフォーム「TensorFlow」を利用している(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大》

 Twitterで働くヒューゴ・ラ・ロシェル氏の仕事は、ソーシャルネットワークのユーザーがどのようにつながっていて、何に興味を引かれるのかについて理解を深めることだ。その目的は、ツイート、画像、動画などのコンテンツを分類して宣伝することにある。この目的を達成するために、ラ・ロシェル氏と彼の同僚のデータアナリストは、新興テクノロジーの深層学習ツールを使っている。

高度なデータ分析の領域で注目される深層学習

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...