2016年07月04日 12時00分 公開
特集/連載

Twitterも使っている「深層学習」ツール、普及の鍵は?データサイエンティストたちが注目(1/2 ページ)

多くの企業では、これまでに収集してきたあらゆる非構造化データを活用する方法を探している。深層学習アプリケーションがこのような企業の要求を満たす一助となるかもしれない。

[Ed Burns,TechTarget]
図 Twitterは深層学習に、Googleが開発した機械学習プラットフォーム「TensorFlow」を利用している(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大》

 Twitterで働くヒューゴ・ラ・ロシェル氏の仕事は、ソーシャルネットワークのユーザーがどのようにつながっていて、何に興味を引かれるのかについて理解を深めることだ。その目的は、ツイート、画像、動画などのコンテンツを分類して宣伝することにある。この目的を達成するために、ラ・ロシェル氏と彼の同僚のデータアナリストは、新興テクノロジーの深層学習ツールを使っている。

高度なデータ分析の領域で注目される深層学習

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...