2016年10月18日 07時00分 公開
特集/連載

Google、Apple、Uber、Tesla――自動車ビジネス“新ビッグ4”の戦略を探るトヨタなど既存メーカーにどう対抗?

10年後、自動車産業の業界勢力図はがらっと変わり、Google、Apple、Uber、Teslaの4社いずれかの自動車を運転するようになっているかもしれない。業界を破壊する“四騎士”それぞれの戦略の違いを探る。

[Gary Orenstein,TechTarget]
Google純正の自動運転カー Google純正の自動運転カー(画像は公式Webサイトより)《クリックで拡大》

 Google、Apple、Uber、Tesla。私たちは10年後には、この4社いずれかの自動車を運転するようになっているかもしれない。次世代自動車での成功がもたらすものは大きい。IT大手は次なる成長分野として交通輸送事業に照準を定め、政府も巻き込みながらさまざまな取り組みを進めている。米労働統計局(BLS)が最近発表したデータによると、米国では交通輸送費が個人消費支出に占める比率は17%と、住居費の33%に次いで2番目に高くなっている。

 Google、Apple、Uber、Teslaの4社を合わせると、既存の自動車メーカーにとっては極めて大きな脅威だ。4社は事業提携やエンジニアリングチームの構築などを積極的に推進し、自動車業界にとって何十年ぶりとなる技術革新をけん引している。

Google:膨大なデータを武器に多様なプロジェクトに参画

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...