Tesla Motorsは楽観的? 自動運転がどれほど進化しても残る“人の課題”自動運転システムはドライバーの「守護神」たれ

Googleの取り組みをはじめとする自動運転技術に対する注目と期待が膨らみ続けている。先進的開発関係者は、技術的課題は全て解決のめどがついたと主張するが、一方で、慎重な指摘をする関係者も少なくない。

2016年02月18日 12時00分 公開
[Jason SparapaniTechTarget]

関連キーワード

Google | IoT(Internet of Things) | M2M | 機械学習


 Googleで自動運転車を開発している技術者たちは、カルトコメディー映画の続編「Hot Tub Time Machine 2」(2015年公開)が気に入ったようだ。いい映画だと思ったからではなく(多分、くだらない映画だと思っただろう)、自動運転車が活躍する明るい未来を描いていたからだ。続編では、Hot Tub Time Machineに登場したキャストの大半が2025年にタイムスリップする。スティーブ・ピンク監督が描いた2025年の世界では、自動車が人間の指示に従って人々を運び、高速道路のカーブを巧みに走り抜け、狭いスペースにぴったりと停止するだけでなく、自動運転車は無礼な人間をひこうとする。乗っている人は驚いて、自分が車内で使っていたノートPCに向かって怒鳴りつけるシーンだ。

 現実の2025年はどうなるのだろうか。マサチューセッツ工科大学(MIT)のジョン・レナード氏によると、自動車が人間のコントロールから離れて自律的に走行するようになるには多くの技術的ブレイクスルーが必要だが、これからの9年間でそのほとんどは実現する可能性があるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。